法人理念

①一人ひとりを大切に

②つながる心を育む

こども園と保護者が共育の心で地域社会と力を合わせ、幼児の教育保育を積極的に増進し、やわらかな心をもち、本質を見極め、専門性と良識に磨きをかけていきます。

保育理念

心と身体の自由な暮らし

自由とは”よりよいもの”を子ども達が自分で見つけられるようにという願いを込めています。
子ども達が自分たちの心や体にとって”よりよいもの””素敵なもの”を見定め、選ぶことができるように、多様な暮らしを選択できる環境を整え、関わっていきたいと考えています。
きっと”よりよいもの”は子ども一人ひとりによって異なることでしょう。
自分にも”よりよいもの”を見つける権利があるように、他者にもその権利があります。自由とは決して好き勝手ではありません。
自分の暮らしを充実させていく中で、他者の気持ちを知り、親切にしたり、相手を大切に感じたり、他者と協力したり、時には互いに得意な事で補い合ったりして暮らしを紡いでいきたいと思います。

その為には、自分の存在を充分に認められ、
自己や他者への信頼や共感を膨らませ、自分なりに挑戦し、自己肯定する気持ちや目標を達成する喜び、自信の醸成が大切です。
昨今では「社会情動スキル」や「非認知的能力」と言われる力です。
この気持ちを遊びや生活を通して充分に育むことで、小学校生活だけではなく、子どもの生涯に渡る心情の形成に寄与することでしょう。
子どもたち一人ひとりが少しずつ、安心し、その子なりの自己主張をし、他者と想いを繋いでいくことが出来る様に、こども園に関わる子どもも大人も共に成長できる施設でありたいと思っています。

保育目標

全ての暮らしから健全な心身を育てる

全ての暮らしから想像力・創造力を育てる

全ての暮らしから愛情と自立・自律心を育てる

保育方針

  1. 遊びや生活を通して、心身の全面発達を保証する。
  2. 一人ひとりの個性を大切にする。
  3. 豊かな環境を整え基本的生活習慣の自立、自発性、豊かな情操を育てる。
  4. 自然との共生から、知的な好奇心を育てる。
  5. 自己教育力を高め、たくましい子どもを育てる。
  6. 子育てを通して、子ども、保護者、職員が共に育ち合う関係を大切にする。